撮って記録する、最新の防犯カメラを取り入れよう

空き巣の実態

円形ドームのカメラ

意外と多い個人宅の防犯カメラ

物騒なニュースを聞くこともありますし、自分が住んでいる地域で何か嫌な噂を聞いてしまうと、不安になってしまうでしょう。より自分の家の防犯を強化するために防犯カメラを設置する個人宅は増えました。実際に、連続で空き巣に入られた家があったり、ひったくりなど何か犯罪があり、身の危険を感じた人が防犯カメラを設置することが多いようです。だから、業者のほうでも個人宅ようにレンタルできるサービスを開始したりもしています。防犯だけではなく、独居老人になった親を監視するために設置することもあります。だから、防犯以外の理由で設置している人も多いです。いろいろな使い方もできますので、個人宅で利用する機会が劇的に増えたのでしょう。

優れた機能が付いている

防犯カメラの映像は、専用のモニターにしか映らないというわけではありません。ネットワークカメラを使えば、遠隔操作もできますし、映像の確認をどこでもできます。スマートフォンがあれば、かなりの操作ができるでしょう。防犯カメラの角度を変えたり、ズームしたりもできます。何か怪しい動きがあった場合はメールで知らせてくれるという機能が付いていることもあります。防犯カメラに映っている相手に対して何か言葉をかけることができる場合もあります。何か盗まれると思ったら、何か一言叫ぶとその声が相手に聞こえて逃げていくと言うこともあるのです。レンタルサービスをしている業者もありますし、自宅に防犯カメラを設置することを考えてみませんか。