撮って記録する、最新の防犯カメラを取り入れよう

期待できる効果

カメラを掲げる男性

住まいの安全を守る方法は多数存在しています。安全を守る方法の1つに「防犯カメラの設置」が挙げられます。防犯カメラを設置することで犯罪を抑止することが出来ますし、万が一犯罪が発生した場合でも証拠として提出することが出来ます。自分の安全は自分で守らなくてはなりません。なにか起こってからでは遅いので、何か起こる前に、今からでも防犯カメラを導入するよう検討しましょう。では、どういった場所に設置し、どういった使用をすれば高い防犯効果があるのでしょうか?

防犯カメラというのは、犯罪が発生しないように設置します。つまり、空き巣であれば空き巣が侵入しそうな場所、車上荒しであれば車両がよく見える場所、万引きであれば店内が見渡せる場所に設置しなければ意味がありません。一般家庭に設置する場合は、空き巣が対象となります。そのため、防犯カメラを設置する場合には、空き巣が侵入すると考えられる場所に設置しましょう。進入する可能性が高い場所は複数存在します。その場所とは、玄関、ベランダ、窓です。こうした場所がよく分かるところにそれぞれ設置します。また、屋外に設置しますし夜間も作動しますので、防水機能と暗視機能が付いているタイプを選びましょう。さらに、在宅中に空き巣が侵入するよりも外出中に侵入することが多いので、遠隔操作が可能、リアルタイムで映像確認できる、何かあれば警備会社へ連絡されるといった機能が搭載されていると安心です。